消化酵素とは?

消化酵素とは?[酵素ダイエットの方法・やり方]

消化酵素とは?

消化酵素とは、その名の通り、食べ物を消化するきに働く酵素であり、
口に入れた食べ物を分解しながら栄養素を取り出して、体内に栄養を吸収するための働きをしています。

万が一、消化酵素の働きが悪くなると、食べ物が消化されにくくなりますから、
どんなに良い栄養を摂取しても、体に行き渡りにくくなります。

食べ物を体内で消化させるには、たくさんの消化酵素が必要であり、
健康の源は消化酵素が十分であることが基本といっても良いほどです。

消化不良を頻繁に起こす人は、消化酵素が不足していることが原因と考えられます。
消化不良を起こしやすい人は、とくに暴飲・暴食をする人に多くみられます。

食べ物を消化させようと、必要以上に消化酵素を使ってしまい、消化酵素が不足しがちになります。
ふだんから腹八分目の食生活を心がける必要があります。

消化酵素を増やすには?


体内で消化酵素が不足すると、消化不良を起こしやすくなります。
とくに、40代になると、体内の消化酵素と代謝酵素が急激に減少すると言われており、
「基礎代謝が上がらない」と言われるのは、実はこのことが原因とされています。

消化不良を起こすと、便秘しやすくなりますので、
ポッコリおなかが目立つ人は、消化酵素が足りない可能性があります。

それでは、消化不良が不足しないように、増やしていくには、どうすれば良いのでしょうか。

ふだんの食事では、食べ物を1度にたくさん口に詰め込み、
かまないまま放り込んでしまうと、消化不良を起こしやすくなりますので、
食べ物はゆっくりとよく噛んで食べる習慣をつけておきましょう。

ゆっくりと食べることで、自然に満腹感が得られるようになり、
必要以上に食べることがなくなり、摂取カロリーを減らすことができます。
酵素ダイエットでは、このような食生活の習慣も大きく関わってきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ